今日も生きてる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作ったプレイリストその2『Koigokolo+Onnanoko』(コイゴコロ・ミーツ・オンナノコ)

音楽

1. beauty and harmony/吉田美和
2. PURE ATOM BOY/篠原ともえ
3. 幸せになろう/宇多田ヒカル
4. こいのうた/GO!GO!7188
5. 木綿のハンカチーフ椎名林檎 with 松崎ナオ
6. Inside And Out/Feist
7. つれないギター/Crystal Kay
8. ダーリン P.P.P./Crystal Kay
9. 君は僕のもの/クラムボン
10. やさしい気持ち/Chara
11. Eve's AppleBonnie Pink
12. 蛹化の女/戸川純
13. La valse d'Amelie (piano version)/Yann Tiersen
14. 琥珀の月/DREAMS COME TRUE
15. あたしをみつけて/JUDY AND MARY
16. south orange/Minmi
17. トウキョウ・モナムール/Pizzicato Five
18. 生涯の恋人/吉田美和
19. beauty and harmony~reprise/吉田美和(1曲目のインスト)

muxtape用にもうちょっとダイエットしたやつ。

1.beauty and harmony/吉田美和
2.PURE ATOM BOY/篠原ともえ
3.Inside And Out/Feist
4.つれないギター/Crystal Kay
5.ダーリン P.P.P./Crystal Kay
6.やさしい気持ち/Chara
7.君は僕のもの/クラムボン
8.La valse d'Amelie (piano version)/Yann Tiersen
9.Eve's AppleBonnie Pink
10.蛹化の女/戸川純
11.あたしをみつけて/JUDY AND MARY
12.こいのうた/GO!GO!7188
13.木綿のハンカチーフ椎名林檎
14.生涯の恋人/吉田美和
15.beauty and harmony~reprise/吉田美和


女の子にとって「恋とはどういうものかしら?」がテーマ。
(「beauty and harmony」は後述するので略)「PURE ATOM BOY」が恋のはじまり。→「つれないギター」〜「やさしい気持ち」は好きな男の子や男の人のことを横で見ている女の子/女の人の、「心配だったり、"コノヤロー"とか思ったり、色々複雑な気持ちを抱きながらも、最終的には、ほれた弱みでやさしい気持ち」なのって、ザ・女心だな!って思う→「Inside And Out」はもう、「私はとにかくあなたが頭のてっぺんからつま先まで好きなのよ!このロウソクの火を吹き消すなら、また明日わたしが火をつけてみせるわ!」と高らかに宣言するどストレートなラブソング。基本的にはオシャレっぽい音なのに、バックに大波ザッパーンみたいなソウルフルさが共存している。でもなんか、トゥーマッチな情念臭さではなくて、少女っぽいかわいげもあるっていうのが実にいい。女の子の、女の子なりの多面的な思い切りの強さとかわいげの結晶みたいな歌。→「君は僕のもの」〜「Eve's Apple」あたりでだんだん気持ちが煮詰まって、「蛹化の女」ではもう発酵しすぎて異臭騒ぎ、「あたしをみつけて」〜「木綿のハンカチーフ」で一山こえる気持ちの整理過程、「生涯の恋人」で「胸焦がす情熱は過ぎ去っても 今も誰かにあなたのこと話す時には 声が知らずにやさしくなる」「想いとげたいと願った日々を 悔やまない たとえいつどこで出会ってもきっとあなたを 絶対あなたを愛したから」「あなたが人生を供に行く人と きっとしあわせであるように そっとそっと祈っている こんな愛し方も知ったから」という結末に至る。


「こういう事思うのも、ああいう事考えるのも恋だよね」という、恋によって女の子が持ち得る感情の振り幅の広さ、女の人のコワさとやさしさ、般若と菩薩的なものが共存していることを考えながら選びました。最後の「beauty and harmony~reprise」は、「beauty and harmony」の管弦楽インストです。だからこのプレイリストも=「繰り返し」構造になっています。結局人を好きになるっていうことは、独り占めしたいとか、触りたいとか、まぐわりたいとか、いろいろな想いや欲があるだろうけど、「下弦の月 目の高さで 光るオリオン座 鶏頭の赤 向日葵の黄色 海に洗われた小石 この世界の美しさをずっとあなたと見られますように」、という「beauty and harmony」の歌詞で歌われるような気持ちが、<始まり>であり、<最後に残るもの>、なんじゃないかしら?と思うので...少なくとも私の恋愛観では....ゲフンゲフン!(照)きれいなものや、楽しいものに出会ったとき、「あーその人にも見せてあげたいなー」とか思ったり、過去の人のことも「今あの人はどうしてるかしら、どんな世界を見てるかしら」とか想いを馳せて、「何はともあれ元気にやっててほしいなー」と祈る気持ちとかの繰り返し。なので、1→14→15(つまりは「この世界の美しさをずっとあなたと見られますように」の繰り返し)というのが、私の考える、This is 女心。コイゴコロ・ミーツ・オンナノコ、なのです。


で、これ結構ショックなことに、CD版面デザインは前のMacが故障→今のMacに代替わりした際救出しそびれたみたいでHDDから見つかりませんでした。参考までに、デザインの元にした画像を載せておきます。

魚喃キリコの『痛々しいラブ*1』から、恋心に揺らぐ女の子の後ろ姿絵です。



今日私がしたはてなブックマーク - YouTube - 吉田美和 - beauty & harmony ((歌詞有り))に、id:foolonthewebさんから大量スターを頂き、この曲に対するワタクシの熱すぎる想いの丈をブクマコメント100文字なんぞで語らいでか!いや語れん!それこそ竹をバッキンバッキン割らんばかりの勢いで語りたい!という日記小宇宙(ニッキコスモ)が爆発し、もともと2008年4月8日に書いた記事を大幅に追記修正しました(ちなみにその時は、「muxtapeの登場で、あらためて今までに自分がつくったプレイリストを振り返ってみました」というのが主旨でした)。