今日も生きてる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ちょっとした更新」の意味を、今のいままで正しく理解してなくてショックすぎる...


ユーザー登録から本日までに日記をつけた日数:361日
で、あるにも関わらず、はてな日記の編集操作のいちオプション、「ちょっとした更新」をちゃんと理解していなかった事に気付き愕然となった。


はてなダイアリーヘルプ-「日記の編集画面について」によれば、

日記を書いて「登録する」をクリックする前に「 ちょっとした更新」をチェックしておくと、以下の動作が行われません。


なお「ちょっとした更新」を使うことで、更新直後にアンテナに反映されることを避けられますが、はてなアンテナでは定期的にアンテナに登録されたサイトが更新されているか巡回しており、その巡回が来た時にはアンテナに反映されます。


と書いてあるのだが、「されない事」の三箇条のうち、「キーワード自動リンク」というのは単に、各はてなダイアリーキーワードのページで"「○○」を含む日記"欄に更新が反映されない事だと思っていた。しかし違った。"自分の方の日記上で、はてなダイアリーの胆である、「キーワード自動リンク」がつかない"という意味だった。
あ、唖然・・・。


さらに、「ちょっとした更新」オプションではなく、一度は堂々と更新した記事も、後ほど微修正するために「ちょっとした更新」オプションで編集を入れると、「キーワード自動リンク」がつかなくなるのだった。こんな大事なことを全く知らなかった。私はそもそも、「自分の日記で使いたい表現や語句」が、「読み手によっては『ググれ』ていう事になる負担」を少しでも軽減したいが為、はてなダイアリーを使い始めたのに。


今まで、気を遣って「微修正だから『ちょっとした更新』」にしてきた記事全てが、キーワード機能を使っていなかったという事じゃないか。しかも、私は記事を何度も微調整する事が多いので、びっくりするほど大量の記事が「気遣いのつもりだったのに本末転倒」という憂き目にあっているわけだ。ギョエーーーー!!


とくに最近、ひいてはほかの落語ファンとはてなダイアリーの親和性を高めることにもつながると信じ、地道に落語用語のキーワードをちくちく作っていたのもあって、俄然ショック。


落語界には固有名詞含めてどう考えても一般的でない言葉がたくさんあるので、はっきり言ってこの作業は無限といってもいい。だからといって、全ての一般向けでない単語にいちいち外部リンクや注釈をつけてたら、とてもじゃないけど、情報配信量と両立できない。だったら、0と1にある差を大事にして、思いついた時にでもちょっとずつ増やそうと思って努めていた矢先だお・・。


参考:stilllifeの編集したキーワード一覧
※こーいうことは一人力だと正確さや批判性にかけるので、落語好きでこの日記を読みに来てくれる人はちょっとチェキってくれるとうれしいよ。はてなユーザーじゃなくて匿名でもいいので、何かご意見があればメールフォームからビシビシ送ってください。


そして、今度から更新するときは、アンテナ/RSSリーダーの皆さんには申し訳ないけど、あえてこっそりしたい記事じゃないかぎり、「ちょっとしたじゃない更新」にします。日記って年数も経てば方向性やら何やら変わってきてしまう*1ので、カテゴリ整理とか私にとっては必須なんだけどなー。でもそんなんで更新されたらうざいよねー、とは思いつつ、私にとって「キーワード機能」こそがはてなダイアリーで書く理由の第一義なので、すみませんが嫌なら外してね、と断っておきます。

*1:なにしろこの日記を書き始めた当初、落語ファンでさえいなかったのだから!