今日も生きてる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動院寄席(第88回)

於:六本木・不動院

〜お番組〜
立川らく次『鮫講釈』*1
立川志ら乃『人情八百屋』
<お仲入り>
立川こしら寿限無
大近況大会(こしら・志ら乃・らく次)〜出会い系サイトについて〜


今夏のラスト落語会はこしら・志ら乃・らく次の不動院寄席。らく次さんが例の羽織紐*2をして出ていらっしゃって、うれ死んだ。うれ死すぎてなんかもう高座中にやにやをかみ殺すのが大変だった。ぬおおおおお、似合ってますよーー格好いいよーーーうれしいよーーーという気持ちで胸がいっぱい。なんかもう感極まりすぎて逆に天井とか床を見ていたいような気持ちでした。しかも根多が『鮫講釈』で、「どうしよう・・講釈かっこええんだけど・・もうどうしよう」っつうくらい目がハートになってしまいました。元は十二分に取れたわ・・。

*1:別称:桑名船

*2:連名で志らく一門贔屓仲間とこのたびご昇進されたお三方に作りました/昇進試験に受かるか受からないかの心配をしてた頃からずーっと「決まったら紐つくろうね」って言ってたもんね!