今日も生きてる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人を騙すのはいけません!

日記


4月1日、当然エイプリルフールと承知の上、かわいい冗談のつもりで、好きなひとに「言い忘れた・・・大嫌い!!!」というメールを送ったら、思いっきり本気にされてしまい、かわいそうに恋人は仕事中に衝撃をうけすぎて胃薬をのんだそうです(胃薬て!)。こいびと曰く、ものすごく戸惑い、頭を抱え、おろおろして、すぐに「なんで!?」とか感情的な即レスをしようかとも思ったそうなのですが、「いや、直せるところなら直したいので話をさせてくれ・・」とかまで切実に考えたそうで、一周まわって「理由を聞かせてくれるとありがたいです」という抑制のきいたメールが返ってきたところが余計なかせます...。すぐに、「エイプリルフール!!」と種明かししておどけたのですが、こいびとの余りのマジレスぶりに私もだんだん本気で申し訳なくなり、まじめに謝りました。人を騙すのってよくない!エイプリルフールでもネガティブなうそはついちゃだめだ!と思いました。すごく後味悪かったです。


いやー、でもインターネットで皆がうそついてキャッキャしてるのをこいびとも知らないわけではないし、ほんの数時間前までラブラブな会話してたから、まさか本気でとられるとは思わなかったのですよ・・。あと今回のことで図らずも思ったことは、1)恋人はとてもいい人、2)恋人は私に嫌われたらまじで困ってしまう、3)1と2をふまえての結論:大事にしよう、の三点です。なんだか、自分は「恋人の好きなひと(衝撃をあたえられる人)」なんだな、ということに改めて自覚と責任を感じました・・。自分が好きなのは、自分の感情だから分かってるけど、「自分が好かれてる」のにはいまいちまだまだ実感湧いてないところがあるんですよね・・。自分も相手のことが好きなのに、相手のきもちに対しては、「そ、そんなにわたしのこと好きなんですか?」と、妙にヒトゴトのようにびっくりして感心してしまったりします。「好きなひとはホントに私のこと好きなんだ・・わたし、責任重大なんですね・・!」みたいな。