今日も生きてる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

急いで私の中の小田和正を黙らせた...春

日記


今度高校の同級生が結婚するんですよ。それで、その子と共通で仲良かった子から「来ないの?集まりたいよ」なんて連絡きたりして、「わたしまだアメリカだからいけないわー残念。でも、○○や ××とも会いたいのはやまやまなので、今度わたしが帰国したとき、そのへんの面子で集まれるように旧交温めておいてね」っていう連絡いれといたんですよ。それで、その中の一人T(男)は高校の時好きだった子、正確にいうと中高ぶっ通しで大好きだった男の子*1と友達で、やりとりした時、「そういえばFちゃん(好きだった男子のあだ名)とは連絡とってるの?私のところにはここしばらく連絡ないなー。といっても結構アメリカきてからもメールくれてて、最後にメール貰ったの2006年末くらいなので他の高校の友達に比べたら連絡とってくれてたんですけど・・。『なに、EにとってまだFちゃんは気になる存在なの?』とつっこまれそうだけど、私は好きな人との思い出は『名前をつけて保存』する女なのでまったく未だに気になる存在ですよ・・!笑 いまお付き合いしてるひとがいるので、別にTとFちゃんがまだ仲良しでも、ヘンにまたそういう意味でとりもとうとしたりしなくていいけど*2、気になる存在であることに変わりはないので、一応聞いてみました。」って書いたの・・。


そしたらTからこんな返信がきた!
「本当にもう何年振りでしょうか。でも僕はEを忘れた日はありませんでした。相変わらずユニークな性格なんでしょうか?まだ愛されキャラのEであることを信じています。」←わーい高校のときから愛されてるわたし・・女子としてでなくいじられキャラとしてだけど・・Tは私のことを「おい、小動物」とか「珍獣」とか「坊や*3」とか呼んでいた・・。あと名前がガンダムに出て来るひとと同じって理由だけで、わたしガンダムファンでもないのに携帯勝手にとられて着メロを「燃え上がれガンダム」に変えられたりさー。
「Fちゃんは(近況情報中略)・・・相変わらず女っ気がありません。でもFちゃんに会うと、学生時代を思い出すね。あいつはそんな存在です。 」
相変わらず女っ気がない.....相変わらず女っ気がない.....相変わらず女っ気がない.....相変わらず女っ気がない.....学生時代を思い出す.....学生時代を思い出す.....学生時代を思い出す.....学生時代を思い出す.....あいつはそんな存在.....
ツクツーーーーン!

いやいやいやいやいやいやいやいやいや、だめだめだめだめだめだめだめだめだめだめだめだめだめだめだめだめ、ラブストーリーはじまっちゃだめ!!!!私の中の小田和正自重!!


だってねーほら、私むかしからオクテ男子とかに弱いんですよ!だからその男の子もすっごい女子と喋れない子で、かーたーくるしいー言葉なつかしーくてー....あれ、なんか彼の周りだけ明治時代?幕末武士?または夏目漱石?いまHey!Say!だよね・・?みたいな感じでね・・そんな中、私がそういう気安いキャラだったこともあったんだけど、彼が唯一下の名前を呼び捨てで呼ぶ女子であった事とか、結局「好きな女の子」にはなれなかったけどさ、少なくとも、ある時期においては唯一か、かなり数少ない、異性の友達だったんじゃないかなーとか・・しかも、「男友達には照れくさくて言えない真面目な話とかも、なんかEには話せるから貴重な友達かな・・」とか言われた事とかもあったりしてさ・・うわーーーなにその「心開かれちゃってる感」!そういうのだめでしょう?ずるいよ!そういうの私弱いんですから!そんな美しいこと忘れられるわけないじゃない!


いやーーーーー、でもね、いまの好きな人のことは超あいしてるよ!!それは、だから伴侶としてって意味ですよ!そこは全然ゆるがないですよ!これを読むであろうそこの彼氏、そこはだいじょうぶ、大丈夫だからね?!!そういう場所じゃないところで、ちょっと女心が揺れるだけなのです!それはきみに向けるような愛じゃないんだからネー!安心安心丸!(←日本語崩壊)だって私いまだかつてこんなに人と「必要としあってる!」「なにこの完全両想い!」と思えたことないもん。それは単純に「彼氏彼女契約成立」ていうのと違うレベルでさ、本当に両想いなんだよ・・すごいよ・・我が身に降り掛かった僥倖ですよ。奇跡的に需要と供給がぴったり一致してる感じ!!!!こんなに有り難いご縁を蹴ってどこかへ行く気は毛頭ございません・・・ていうか早くFちゃんも結婚とかしてくれればいいのだけど・・ってそれは私が安心したいだけで言ってる勝手だってのも分かってる...。しかもそれはそれでさみしいし、それはそれで少なからずショック受けたりするってのも分かってるんだけどねー。ねー。ハァーー・・・。

*1:更に正確にいうと恋愛っていうよりは、中一の頃からこの人面白いなー友達になりたいなーと思ってて、高校は三年間同じクラスだったにもかかわらず、もじもじしてたら全然近づけないまま三年生になってて「やべぇ!もう卒業しちゃう!」と焦って突進してみたら恋愛的目線でも好きになってしまっててズドーン!と更に猛アタックして「俺好きな人いるから」って勢いよく振られたっていうね!

*2:当時Tは私とFちゃんをとりもとうとしばしば暗躍してくれた・・

*3:由来:エマニュエル坊や