今日も生きてる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加護さんへの気持ち


いつも読んでるハロプロファンの方の日記で、ある日の愛情あふれるアツイ文章を読んでグッとくる→はじめての直接お手紙→丁寧なお返事日記を書いて頂いたので、私もお返事にかえまして加護さんのことを書こうと思います。加護さんが復帰する前、わりと自分自身も情緒不安定な時に非公開スペースで書いた文章とか、はてなにログインしてない時ワサーとか他のサービスで細切れに書いてた気持ちをまとめつつ。


<復帰前日記>

なんかなんか、最近いやな事でグチグチしていない時でも、やったらバカにセンチメンタルで、好きなひとのことを考えてもうれしいどころか妙にグツグツ煮詰まる方面に気持ちがいっちゃう・・。昨日ユリイカの『【楽天ブックスならいつでも送料無料】文化系女子カタログ』を読んでたら、松本美香さんのジャニヲタ記事にワカルワカルがありすぎて困った。私はジャニヲタじゃなくて、主に女子アイドルと落語家が対象だけど、「気がつくと『バーチャルおかん』になっている」とか、「ストレス解消のはずが、好きすぎるゆえに逆にストレスになったりもする」とか、「それアタシのことですか?」と思わず誌面と会話してしまうようなキョーカン共感!


でも自分の場合、関心ある人間に対しての「重い想い入れ」が本当に際限なしで、そういうプロの偶像対象だけでなく、素人の身近な友人知人から、はたまた会ったこともないけど大好きなネット人の事まで「逆にストレス」レベルで想い入れてしまうから、本当にこの私の丹田だか子宮だかから湧き出るマグマのようなグツグツは自分でも正体不明だし、幾ら何でも25過ぎて好きな人の事考えて眠れないとか、それどころか良い落語聞いたって興奮しすぎて眠れないとか、いまだに加護ちゃんの事を考えて泣くとか、もうすっごく大変。もーーちょっと、どうにかグツグツの泉が枯れて収まってほしい。一番嫌なのは好きな人と巧く距離がとれなくて哀しいことがありすぎる。また感情の起伏に左右されて優しくするべきひとに優しくないとか、自分の心と体がいちいち不穏で日常生活の勤めをきちんとはたせないとか・・。


加護ちゃんのことはずっと抑えていたのに・・ここ半年くらいでまた再燃して参りました。もう本当に報われる気なんぞ捨てるしかないというか、色々救いようがないよね、それ・・。加護推しから一回高橋推しになって、その後アメリカに行っちゃったこともあり、ちょっとしばらくハロプロ自体から離れていた時期もあり、Wとか遅れて聞き出した時にはもう加護ちゃんは活動停止時期に入っていました。居なくなった人をずっと想ってるのは、頑張ってる現役メンに対して失礼な気がするし(このへん死んだ名人の事は追いかけずに現役落語家を応援したいのと一緒)、ファンとしてもあまりに不毛な気がして彼女を想うのは抵抗があって、それ以来、「高橋推し」を通していました。


でも、ハロプロ十周年で自分の中でのハロプロ熱も再燃し、今更Wの音源やPVも本格的に収拾し始め、素晴らしさを痛いほど再確認。「もう一度あなたに会いたい/今すぐここに来て欲しい/でも、わかってる/一緒にいるだけで幸せだった/さよなら…」「一生好きでいられる自信があった/なのに/あなたはどんどん離れてく/今日でさよならね AS FOR ONE DAY」!!だよー!あと、最近ある辻さんヲタ女子の日記を読んでるうちに、彼女のまっすぐでアツい辻さんへの想いに触発されて、自分の中の加護ちゃんへの想いをやっぱり忘れられない!無理!という気持ちになりました。しかもその彼女とは、一緒にカラオケ行ってW歌ったりI WISH歌ったりしたもんだから、もう忘れてなんかいられないですよ..。


<加護さん復帰第一報反応日記>AS FOR ONE DAY・・

<加護さんが復帰イベントで歌ってくれた日記>加護さんが歌ってくれた
Hello Againの「君は少し泣いた? あの時見えなかった」という部分で加護さんが本当に少し泣いてしまい歌に詰まっちゃったとか...そんなの私も泣くしかないよ..!!この歌詞はどう見ても意図的なメッセージとしか思えないし!

<直接加護さんじゃないけどアイドルのプライバシー問題>
雅ちゃんが彼氏らしき方とキャッキャウフフしている画像が流出して「オワタ」とか書くファンやら、誰が非処女で誰が処女かとか、彼氏いるとかいないとか騒ぎたてている人々にウンザリして、「アイドルと恋愛」という日記を書いた。加護さんの事といい*1村上愛さんの事といい*2といい、もうこういう話で自分の大好きなアイドルが引退していったり傷ついたりすることに耐えられない!と強く思ったし、今もそう思っている。本気でアイドルに対して恋愛感情を持っているなら中途半端な「買ってやってる」「所有してる」上から目線のお客様意識など捨てて、普通の女の子を愛するみたいに心の底から失恋したり、「自分のことを好きになってくれる彼女じゃなくてもそのままの彼女が好きだ」といって片想いし続ければいいじゃない!『初恋を最後の恋として一生あなたのこと愛したい』*3と歌うヤング雅ちゃんを見ながら泣いたりすればいいじゃない!現実の片想いだってそうでしょうよ。思い通りにならないのが普通じゃん。本当に愛してるんだったら自分とじゃなくても幸せになってほしいと思うだろーよ(または自分が選ばれるほどの人間になろうと努力するか)。だってじゃあ「自分たちのもの」な彼女が恋愛をしちゃいけないとしたら、自分の好きな人にはお年頃を過ぎて干物女にでもなってもらいたいって事ですか?自分達が興味を失った彼女だったら恋愛してもいいってことですか?それで「劣化した」とかいうんですか?さんざん甘酸っぱい愛だの恋だの歌わせて疑似恋愛押し付けて、そんな束縛を要求するってどんだけいびつですか?結局、自分の勝手な欲望棚上げしてるだけじゃんぬ!!!契約した労働時間外も人並の社会生活営めないとかそれ奴隷だから!アイドルにも人権があるの!キーーーーうんこうんこ!と憤っていた。
補足:
わたしはアイドルに恋愛感情を持っているファン自体を否定しているのではありません。むしろその持て余してる感は大変共感できて好きです。それだったらそれで、普通の片想いみたいに苦しんでいるくらいが誠実な態度だと思うノーという意味のハッパです、上のは。私が憤っていたのは好きであるはずの人間に対する上から目線です。持て余す自らの煩悩と相手への敬愛と最良の距離感探しに揺らぐ心、全部合わせて愛ってやつじゃないナイ..?

<最近の心境>
いまの加護さんは「うしろの運営は何考えてるんだ?」と不安になるようなイタイ仕事もしていて色々行く末が不安だけれど...。結局、芸能人でも友達でも家族でも、誰の事も100%知りようは無いし、思い通りにも出来ないし、出来るべきでないし、出来ても虚しいのですから、愛とか信頼ってのは思い込みに基づいた覚悟だと思う。という理念のもと、加護さんのプライベートは、幸せは祈るけどイチイチ気にしない方向で、知ってる言葉の全部が台本でも、ゴーストライターでも、何もかも陰謀説でもいい。自分にとっての「本当」は、彼女が喋る姿とか歌う声とか聞くと、愛おしくてわけもなく泣きそうになるってことで、それで十分だと思うんだ。
なんかね、ちゃんと理屈でなんて説明できないし、「本当の彼女」とか知り得ないし、何であれ知りたいという意味では「どうでもよくない」けど、どんな彼女でも受け入れたいという意味では「どうでもいい」。
ただあの人が大好きで、見たり聞いたり考えたりしてると胸がキュイーーーーンとなるの。そんだけです。
ハローじゃないんだけど最近加護さんの事を思うと耳に流れる曲は中谷美紀MIND CIRCUS』です。ああ、叶うなら私この人のことを守りたい、って思うんだよねぇ。

*1:加護さんは喫煙の他にも例の年上彼氏との事をかなりバッシングされてたので

*2:物凄く才能に溢れた素敵アイドルだったのに、彼氏が発覚→ファンにストーカー行為を受け引退/こんだけ愛だの恋だの歌わせといて14歳の女の子が同級生と恋愛も出来ないとか!

*3:あなたなしでは生きてゆけない