今日も生きてる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もし人間が科学の力で不老不死になったら


人類史上最大の革命になるだろうなあと思う。パーツをどんどん取っ替えていくとかだったら出来るようになりそう。今あるほとんどの思想や人生観が覆される事だろう。そしたら、きっと「自然の摂理に従いたいよ派」と「人間は科学を追求するべきだよ派」みたいなのが戦争したりするのだろうか。冨樫義博の『レベルE』1巻最終話に出て来る宇宙人みたいに。たぶん、自分は死にたいよ派になると思う。「今」死にたくないとは思うけど、「ずっと」死なないのは嫌だな。いまさら死ぬ事が前提の価値観を変える方がめんどくさい。肉体的な欠損がなくても、いつかは精神的に辛くなりそうだし、物の哀れがなければ、この世の美しさも損なわれてしまいそうだ。