今日も生きてる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落語協会の芸人紹介動画は要チェックや!〜柳家喬の字編〜


落語協会公式サイト/芸人紹介のページから各プロフィールには、PRビデオという項目があります。以前はごく一部の人しか動画が載せられていませんでしたが、最近はかなり数が増えていて楽しい!単純に挨拶だけの短いものから、きちんとその方々独特の芸を聞かせてくださるもの、「こんなの見せていいの?」と不安になるようなインパクト重視(?)のモノまで色々あります。これだけ揃ってきたので、より活発になることを願って「新人賞」とか「大賞」、「珍プレー賞」などの項目別に投票募って表彰したいくらい(本当に皆さんがメールフォームやブクマコメントで投票してくれたら発表します/アナタのおすすめも教えてください!)。まだまだ全部見たわけではありませんが、やはり、それなりに長さのある動画の方が当然内容も充実してます。「芸がさすが!」という意味では柳家小三治師匠、柳家さん喬師匠、川柳川柳師匠、桂文生師匠、柳亭市馬師匠などがおすすめです。基本的に新しく更新されたプロフィールにはだいたい動画も加えられているので、今年の新二ツ目さんのも閲覧してみたら、ここに驚異の新人が...!


その名は柳家喬の字さん!


YouTubeニコニコ動画で面白動画に鍛えられた皆さんにはそこまで...かも知れませんが、今までの落語協会PRビデオに比べたら相当革新的な作り込みです。更に、喬の字さんといえば今まで「真面目で正統派にデキる前座さん」という手堅いイメージがありましたので、そのギャップにとーんときましたねぇ。こんなに熱い人だとは...!元々小きち*1時代から好感を持っていたし、私にとっては「柳家で前座から知ってる」=「うちの子かわいいわー」なので、当然応援したい人なのですけど、この動画観たら「やばい...喬の字タン推せるわー・・これは喬の字ファンクラブ入っちゃうわ...(ぽわわ)」という気持ちに俄然ほだされました。前座時代は皆さんあえて個性を出さないようにしてらっしゃるものなので、こういう所で「あの人ってこんな人なの?」という衝撃があるのも楽しいです。「新しく二ツ目になったのはこの四人か、へー」という気持ちでプロフィールをチェックする寄席マニアの皆さんに、頭ひとつ抜けた印象を残す可能性大。ここをチェックするのはその人に興味を持っている人なわけだから、他の人ももっとどう自分をアピールするか凝ってみてもいいんじゃないかな...。奇をてらい過ぎなのも痛々しいけど、工夫の後がまったく見られないのも勿体ない気がします。自己アピール出来る機会が貴重なはずの若い人が簡単な挨拶ばかりで、意外とベテランの人の方がちゃんと色々喋ってくれてる。
喬の字さんのは受け手によっては道化にすぎるかもしれません。しかし私には、「その場だけでやってないな」という安定した作り込みと喋り、少しでも面白い事しよう、自分を知ってもらおうという意気込みが感じられて、グッときました。「若手だし、自己アピールの場だし、こういうのもアリだよね」っていう事をちゃんと利用してるプロフェッショナル感もいい。落語家さんのすごい所の一つは、素人のおっさんが言ったらつまらないようなダジャレでも、あえて淡々といったり、巧く間を取ったりする話芸の力で笑えるものにしてしまう所だと思う。それと一緒で、『喬の字ファンクラブ』も「自分でイキナリ始めちゃう」という唐突さやバカらしさを堂々と、しかもツッコミなしに長々と繰り広げられる事で笑いになってるし、イヤーこんな事考えてる人なんだなぁとこれでもかという位発表されるのが面白かったです。基本的に熱い人好きですしね。


※こんなに愛して止まない落語協会芸人紹介動画ですが、一つ大きな問題が・・自機を新調してからは見られません。Mac OS 10.5用のWindows Media再生ソフト、Flip4Macでは一部のWindows Mediaのストリーミングが見られない障害があって、まだサポートされてないみたいなんです。Mac OS 10.4以前のWindows Media Playerは10.5では使えず、色々調べてみたのですが解決法が見つかりませんでした。「Rosetta環境にすると使える」と書いてある情報もあったのですが、実際WMPを右クリック「情報をみる」してみると「Rosetta環境で使う」チェック欄が何故か出てきませんでした。インプレスTVのインターネット落語会は見られるのですが、芸人紹介動画の方はだめです。うちには両親のiMac(OS 10.4)もあるし、一度故障していた旧自機PowerBook(OS 10.3)もまた動き出したので最近はそちらから見ています。

*1:喬の字さんの前座名