今日も生きてる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お父さんと過ごす冬

日記 映画


弟が旅行に行っていて、今日母が日本から帰ってくるまでしばしお父さんと二人きりだったので、なるべく夜はお父さんと二人でDVDを観て過ごしました。お父さんと一緒に出来ることはTVを観たり映画を観たりすることと、あとは美術館に行く事かな。でも最近落語も一緒に観てくれるようになったのでレパートリーが増えた。ごはんとか食べてても会話がなかなか広がらない・続かないけど、それでも後何年、あと何時間、側にいられるか分からないから、お父さんが一人になってしまう時くらい、自分が休みの時くらい、一緒にいたげたいとか思って。それに私も出かける予定なんてないし、それでまったく困りもしないナチュラルボーンヒッキーなので、ただただ家にいるだけなんだけどね。さすがに一日のうち一回も出かけないのは気詰まりするので、お昼だけ外に食べにいったり、食料品の買い物程度の事はするけども、基本的に家にいる方がお外に遊びに行くより何倍も心が落ち着いていられる。2週間かそこらあまり出かけない生活を送るだけであっという間に肌が白くなった。カリフォルニアの紫外線おそるべし。積ん読の山から本や漫画を読んだり、いまだにクリアしてないFF9をちびちびやったり(今Disk2の終わりの方、9はほんと脚本がいいねー)、DVDを観たりしてるだけでもやる事いっぱいありますよ。掃除やお正月の準備もしなきゃいけないし。


Blockbuster Onlineていう、毎月定額支払いで1〜3枚ずつだけど月間合計枚数無制限にDVDを借りられるサービスに登録していて、DVDをひっきりなしに借りてます。オンラインでウィッシュリストを登録・編集しておいて、1枚DVDを返す度、その順番の通りにまた1枚新しいDVDが送られてくるというシステム。延滞料金はなくて、DVDを返す時も受け取る時も普通郵便でやりとりするだけなので、とっても便利です。観たい映画や人からオススメされた映画って沢山あっても、いざビデオ屋さん行くとタイトル思い出せなくて、「あれーあのナントカカントカってなんだっけ?」みたいな感じになりません?私はよくなってて、それに近所にある店頭のビデオ屋って品揃え悪くて、旧作やマイナーなのは置いてなかったりして、結構「観たい」という意志があっても機会を逃し続ける事が多かった。そこへきてこのBlockbuster Onlineは「観たい」と思ったら、「今映画観る余裕がないけど、これいつか見たいなー」なんて時でもとりあえず、すぐにウィッシュリストに入れておけばいいので、非常に勝手がいい。もちろん後から、その時の気分次第で観たい映画をリストの一番上にして最優先で届けてもらうこともできます。特に昔の名作映画など、「いつか観たい」と思っててもビデオ屋行って今日借りようっていう所までいかなくて、ついつい新しい話題作借りちゃって、ずっと先延ばしになってる事多かったので、何本借りても定額なここで、気軽に借りられるのがいい。そんなこんなで今リストが92件とかなってます。もう一度いうぜ、オタクにヒマなどない!