今日も生きてる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池袋演芸場七月下席昼の部

〜お番組〜
三遊亭歌すみ『道灌』
柳家さん弥『野ざらし』
柳家喬之助『長短』
柳家三三『壺算』
すず風にゃん子・金魚 漫才
古今亭菊之丞『棒鱈』
三遊亭白鳥『シンデレラ伝説』
<お仲入り>
柳亭左龍『粗忽長屋
入船亭扇辰 『夢の酒』
太田家元九郎 津軽三味線
柳家喬太郎『へっつい幽霊』

  • 普段は国語のセンセイをしている初落語の連れ、『道灌』の短歌に大受け。あれやっぱり有名な句なんだって。私なんか『千早振る』の歌も『崇徳院』の歌も完全に落語で知ったというのに。
  • 喬之助さんが上がり、さん弥さんが下がるとき、さん弥さんが下座さんのお茶碗をひっくり返し、高名なさん弥伝説の現場に初遭遇!と思いました。
  • 超大入り満員で色んな方が「今日はあんまりお客さんがいるのでやる方も皆テンション高いです」とのこと。さん弥さんはいつもなのでともかく、ほんとに三三さんや菊之丞さんまでがテンションおかしかった。
  • 金魚さんのゴリラの物真似は神!
  • 白鳥さんの『シンデレラ伝説』、初拝聴。これは白鳥さんの創作歴の中で、初めて作ったお客さんの前でやれるレベルの作品なんだって。超おもしろかった。
  • でもこれ、座布団を客席にぶん投げる仕草があるのはいいけど(いいのか?笑)、その後前のお客さんから座布団受け取って、座り直した白鳥さん、さすがアータ白鳥さんですよ、・・縫い目が前に出てますぜ師匠!!

 「うわー気付いてこの後直してね、前座さん!君等のせいになっちゃうよ〜」とヒヤヒヤ前座の心配をするワタクシこと『前座には常に母さん目線』のstilllifeさんでしたが・・そのまま気付かずひっくり返しちゃったようで、次の左龍師匠が出たときに直ってなくて、また左龍さんはやっぱり着席する前にすぐ気付くんですねぇ、「これは・・どっちかの前座がやっちゃたんですね。お客様も多くご存知でしょうが寄席ではやっちゃいけない事になってるので」と言いながら直してました。ああ、前座ちゃんたら!
 だから心配したってわけじゃないけど、高座返ししてた歌すみちゃんじゃない方の男の子がハッとするほど美男子でしたよ姉さん方!一体どなたの君?いちお、落語協会の前座さん寄席入り予定をみると、太神楽研修生の第4期を今年卒業して前座修行を始めてらっしゃる翁家小楽門下の翁家小政さん、かもしれない。でもその予定表だと歌すみさんは違う所に配属されてるのでイレギュラーな誰かかもしれません。

  • 『夢の酒』、扇辰さんの女形はやっぱ超キュートね。角刈りだけどね。
  • で、お目当てのキョンキョンですが・・・すみません『へっつい幽霊』は本気苦手です!を実感。キョンキョンでもだみだった。