今日も生きてる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若年寄の会

於:横浜にぎわい座のげシャーレ

〜お番組〜
柳家初花『午後の保健室』
桂吉坊『胴斬り』
柳家初花ちりとてちん
<お仲入り>
桂吉の丞『稲荷俥』
桂吉坊『遊山舟』


太田そのさんによるお囃子入りで上方勢音曲噺たっぷり、初体験な演目多しの贅沢な会。
しかも、前座に、「やっと会えたね!」立川こはるさん(※前座仕事だけで高座はなし)。
吉坊さんがパンフレットに「東西国宝のかわいい孫弟子の会」と書いてて顔がほころぶ。そういえば確かに国宝一門。


ちりとてちん』初花さんの得意技、表情筋大活躍。
『胴斬り』「ポーーッとした奴」というセリフの「ポーーーッ」の間が抜群なことに感動すら覚えた。吉坊さんは間とか口調とかそういう基本的なところが本当気持ちいいよねえ。
『稲荷俥』初めての噺なので展開、結末にわくわくしながら聴けて楽しかった。
『遊山舟』これも初めまして。屋形船で船遊びをしている人々の情景が浮かび上がる華やかな噺。食べ物の表現がおいしそうでおいしそうでお腹が空いた。オチがまた秀逸で素敵。いい気持ち。


その後、噺家の皆さんがよく行ってらっしゃるので名前は前からよく聞いていた、世田谷のあるバーで楽しい一夜を朝まで・・。楽しすぎて落語会の記憶が↑こんな断片的になってしまったくらいです、といっても過言ではないほど楽しかった。吉坊さんの普段の喋りが落語まんまに美しい音色だったことに感銘を受けました。また、念願のこはるさんと喋ったら漢前さと女子的かわいさの共存するお人柄に初対面でベタ惚れしてしまい、今後一ヶ月で確定している予定を全て教えてもらう程がっつきました。

広告を非表示にする