今日も生きてる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共感トラックバック!

文化


id:katawaさんの隠れオタクと生きづらさのようなもの。 - 素晴らしきこの世界のなかでに共感トラックバック&コメンタリー!
わたしはどっちかっていうと隠れてないオタクだけど、まあ親しくない人にはとりあえず出し惜しみはするよね。「落語」は好きって言ってもまずあまり引かれない(程度を知られたらドン引きされる自信あるけど)。「漫画とか読むしゲームとかもやるし。やーちょっとあんまり言うと恥ずかしいけど(←客観的自分がある事をアピールする)結構趣味オタクなんですよー。」くらいの事を軽く笑いながら(←重要)先んじてカミングアウトしてしまうと後が楽。「オタク」ではなくて「インドア派」とか言ってもいい。間違っても最初からいきなり具体的な名称はあげない。挙げても「ハチクロ」とか「のだめ」でジャブに留めよう。実写化されてる漫画なら固有名詞出しても吉。「電車男(あくまでメジャー指向と自分をリンクさせて話す)とか見ても引くどころか『わかるわかる』とか思っちゃったりしてー」とか、あ・く・ま・で軽く茶化しながら、「言ってみるテスト」という姿勢で。あと「TV全然見ないんです」これはよく言うね。


私のオタク履歴書過去ログに興味がある方はこれ読んで笑ったり笑えなかったりしてみて下さい。
http://home.socal.rr.com/stilllife1982/kuro.html
http://home.socal.rr.com/stilllife1982/aoi.html
今はもう更新しなくなった拙テキストサイトの残骸より。


なんだかんだ言って高校以降は趣味友達に恵まれている気がします。高校時代は趣味の合いそうな人がいても上記テキストの様な緊張感があってうまくつき合えませんでしたが、今身の回りに残っている昔からの友達は結局趣味の話が出来る人ばかりです。趣味の話が出来ない人はやっぱり話す事に困るので、よっぽど幼なじみの腐れ縁な人以外は自然消滅しがち。


高校以降で出来た友達は逆に共通趣味が縁で友達になった人ばかり。裏方を手伝ったりしていた舞台周辺の人とか、趣味活動の現場で知り合うケースとか、そしてもちろんインターネット。インターネットで知り合った人は特に共通趣味先行型なので結局現場で会うようになり、それ以外の場所で会った人よりもよっぽど高い頻度で話したり、会ったり、文章でコミュニケートしたりする次第。書籍『メガネ男子』にボランティアでちょっぴり携わる事になったのもインターネットつながり。その作業を一緒にやった人とは共同作業をしただけあって大いに友情が芽生えた。


落語ファン(特にチーム志らく派)は言わずもがな、一週間会わないと「ああ、久しぶり」という感覚だった。下手すると週3回だとか会っていた勢いですよね・・。


落語以外の友達でも一緒に映画見るとか、イベント行くとか、「○○について語り合う」とかもするし、人生相談的な話題も話し合うし、当然ながら考え方に深く影響を受けたりもする。


特にいま日記プライベートモードになっちゃってるから参照しようがないんだけど、id:twistedこと、さかもとさんと、radiodAzeオクダケンゴさんと猛牛ママのチョコラさんからは、ここ2年だかとても影響を受けていて、これからも長く大事につながっていたいなと思う。


チョコたんはもうなんつうかお姉ちゃんでおっ母さんだし、さかもとさんとは一時おかしいくらいチャットで話しまくっていた時期もありましたね・・漫画の感想から中学生の時の初恋思い出話まで。さかもとさんの好きなものと考え方は、特に私の趣味生活に大影響。このはてな日記の発端や経過、方針にも影響大。この日記の最初の方でひたすら引用をクリッピングしてるのはさかもとさんからの触発。インターネットで好きなものに対して熱を発するという事の意味についても。そしてパワブクのスピーカーからは今もオクダ選の渋谷系クロニクルプレイリストが流れております。


犬は吠えるがキャラバンは進む、ように、そこに熱が生まれれば、隔てるものは何で有れ、やがて誰かに伝わる事がある、そうして広がって行って、大きな動きになったりもする。そういう事だと思います。

胸の中にある想いを相手の手に伝えようとした。

僕らの心は石ではないのです。

石はいつか崩れ落ちるかもしれない。

姿かたちを失うかもしれない。

でも心は崩れません。僕らはそのかたちなきものを、善きものであれ、悪しきものであれ、どこまでも伝えあうことができるのです。

http://d.hatena.ne.jp/stilllife/20050312/1110557041


ちなみに私の日記のタイトルは「平坦な戦場」(岡崎京子リバーズ・エッジ』より)+「愛し愛されて生きるのさ」(小沢健二『愛し愛されて生きるのさ』)が由来で、
id:katawaさんの日記タイトル『この素晴らしき平坦な戦場にそえて』は「この素晴らしき」(たぶんサッチモの"What a Wonderful World"、真心の「素晴らしきこの世界」でもアリだが)+「平坦な戦場」(同上)という、お互いの好きな物がパッと見で分かってしまったご縁です。
さらに言えばid:stilllifeなのは池澤夏樹の小説『スティル・ライフ』が好きだからです。
(この日記における『スティル・ライフ』引用