今日も生きてる

白鳥祭り


日本一「おいら」という一人称が似合う男、新潟が産んだ落語界随一の愛され系・三遊亭白鳥さんの公式サイト見てたら、7月鈴本上席・白鳥祭りのネタ出ししてたので、絶対行けないって分かってる日もあるけど、とりあえず全部手帳に書き込む。


以下まるっと引用。

  • 7月1日 土曜日 普通のお客さんも多いので確実に「白鳥版:火炎太鼓」
  • 7月2日 日曜日 桃白鳥でやっただけのひさしぶり「地下鉄母子」で涙涙
  • 7月3日 月曜日 限定解禁 真夜中の襲名で落語マニアが寄席を占領します
  • 7月4日 ご存知!「任侠流山動物園」まだ聞いた事の無いあなたに是非に
  • 7月5日 続編の「任侠流山 雨のベルサイユ」これは2日続けて来なきゃね
  • 7月6日 少し変えてやろうかな?初めて俺を聞くなら「おばさん部隊完全編」
  • 7月9日 千秋楽はSWAでの名作「幸せの黄色い干し芋」が寄席初登場!
  • 7月10日 日曜日 これも珍しい白鳥創作古典「河童の手」稽古しなくちゃ


火焔太鼓』、『真夜中の襲名』、『任侠流山動物園』、が特に聞きたい。あと、『おばさん部隊』、完全編というのが気になるね・・!せっかくだから連続して『雨のベルサイユ』も聞きたいけど、5日は志らく百席なのだった。これだけ私に「よし、通うぞー!」と思わせる寄席の主任もいないぜ。やっぱり良くも悪くも「何が起こるか分からない」というのに魅かれる。だから前座の会とかにもハラハラしながら行っちゃうのよね。あとわたし、市馬・白鳥の絡みがいい味出してて好きなのです。


三三さん初トリも左龍さん初トリも行き逃したので今度こそ。あーあ、左龍さん今日までだったのにィ。19、20日はもう予定が入ってることを考慮してなかったよ。思わず友達が立ち上げた左龍コミュにも入っときました。

広告を非表示にする