今日も生きてる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノローグ "Who is Harvey Pekar?"

映画

Tell me the truth.
Am I a guy who writes about himself in a comic book?
Or am I just a character in that book?
If I die, will that character keep going or will he just fade away?

真実を教えてくれ。
僕は自分のことを漫画に書いてる人間か?
それとも僕はただ、漫画の登場人物にすぎないのか?
もし僕が死んでも、登場人物はそのまま動き続けるのか
それとも、消えるのか?




My name is Harvey Pekar - That's an unusual name - Harvey Pekar.
1960 was the year I got my first apartment and my first phone book.
Now imagine my surprise when I looked up my name and saw that in addition to me, another Harvey Pekar was listed.
Now I was listed as "Harvey L. Pekar", my middle name is Lawrence, and he was listed as "Harvey Pekar"
therefore his was a - was a pure listing.


Then in the '70s, I noticed that a third Harvey Pekar was listed in the phone book, now this filled me with curiousity.
How can there be three people with such an unusual name in the world, let alone in one city?


Then one day, a person I work with, expressed her sympathy to me, concerning what she thought, was the death of my father, and she pointed out an obituary notice in the newspaper for a man named Harvey Pekar. And one of his sons was named Harvey. And these were the other Harvey Pekar's.

And six months later, Harvey Pekar Jr. died. And although I've met neither man, I was filled with sadness, 'what were they like?', I thought, it seemed that our lives had been linked in some indefineable way.
But the story does not end there, for two years later, another 'Harvey Pekar' appeared in the phone book.
Who are these people?
Where do they come from?
What do they do?
What's in a name?
Who is "Harvey Pekar"?

私の名前はハービー・ピーカー
珍しい名前だ。ハービー・ピーカーはね。
1960年、それは初めて部屋を借り、電話帳を手にした年だった。
電話帳を見た私の驚きを、ちょっと想像してみてくれ。
私のほかにもう一人の、ハービー・ピーカーがいた。
私のはハービー・L・ピーカーで載せていた。
"L"はミドルネームの"ローレンス"だ。
一方彼は”ハービー・ピーカー”。ミドルネームはなし。


そして1970年代、なんと3人目のハービー・ピーカーが載っていることに気が付いた。
私は、この偶然に強い興味を覚えた。
この世界でたった一つの街に、珍しい名前の人間が、そろいも揃って3人も押し込まれている、一体それはどういうことなんだ?


そんなある日、仕事の仲間が、私の父が死んだと思ってお悔やみを言いにきた。
彼女は死亡記事にある『ハービー・ピーカー』の名を指さした。故人の息子の名前もハービー・ピーカーだった。
つまり違うハービー・ピーカーの事だったんだ。
半年後、そのハービー・ピーカー・Jr.も死んだ。
どっちのハービーにも面識なんてなかったけれど、私は悲しい気持ちに包まれた。
彼等はどんな人たちだったのか?
われわれの人生は、不思議な何かでつながっているように思えた。
しかしそこで話は終わらない。
2年後、また別のハービー・ピーカーが電話帳に現れた。
彼らは何者なのか?
どこからやって来て、
何をしているのか。
名前には、いったい、何があるのか。
ハービー・ピーカーとは、誰なのか。

American Splendor アメリカン・スプレンダー
映画:asin:B0006NKDEY
原作:ISBN:4860200993