今日も生きてる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノローグ "Long Weekend"

映画

I felt more alone that week than any.
Sometimes in my sleep,
I'd feel a body next to me
like an amputee feels a phantom limb.
All I did was think about Jennie Gerhardt and Alice Quinn,
and all the decades of people I had known.
The more I thought,
the more I felt like crying.
Life seemed so sweet and so sad,
and so hard to let go of in the end.
But hey, man,
every day is a brand new deal, right?
Just keep on working and something's bound to turn up.

今までのどんな週末よりも
僕は孤独だった
まどろみの中でかたわらに
だれかの体があるよう感じた
まるで腕や足を切断した人間が
あるはずのない自らの一部を
失ってからも感じ続けるように

それからずっと
ジェニー・ゲルハートやアリス・クインのことを考えた
そして今まで知り合って来た全ての人々のことを
思い出せば思い出すほど
泣き出したくなった

生きることはとてもいとしくて ひどく哀しくて
すべて投げ出して去り行くのには
未練が多すぎる

しかし新しい一日のはじまりは毎日やってくるし
いつか 何かが変わる日が
用意されているはずさ


American Splendor アメリカン・スプレンダー
映画:asin:B0006NKDEY
原作:ISBN:4860200993