今日も生きてる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WORLD WAR Zのあるツッコミどころ

WORLD WAR Z(原作)の日本描写はツッコミどころがチラホラあってちょっと笑いそうになる箇所もある(まあそれは私が現実によく知ってるのは日本とアメリカだけだから、他の国の描写も、その国の人たちから見たら色々あるのかもしれないけど)。リアルな描写と…

ゾンビを好きになりました。

わたしは無類の怖がりです。たとえば、今でこそ「ネタ化」してしまった『リング』ですが、うっかり観た時は一週間ほど恐怖で眠れない日々が続きました。 『バイオハザード』の第一作目で、開始早々なすすべもなく絶命、というトラウマからホラーゲームも苦手…

今持っている落語関連資料一覧

<資料色の強いもの> ご存じ 古今東西噺家紳士録 小島豊美/都家歌六 エーピーピーカンパニー 日本の古典芸能9 寄席 話芸の集成 芸能史研究会 平凡社 図説:落語の歴史 山本進 河出書房新社 落語ハンドブック改訂版 山本進 三省堂 落語第百科1 川戸貞吉 冬…

まだ終わってないけど卒論のこと

落語についての卒論を夏休み中から本格的に書き始めてました。どうなることやらと思ってたけど、ひとまず第一稿を書き終えて教授に見せたら、「このまま色々直したり発展させたりしてくれれば良いですよ」とあっさり言われたので、一安心です。 (夏休み中の…

オススメ音声コンテンツ、英語勉強法など。

近ごろ、落語や音楽以外にも音声メディアをたくさん利用しています。ポッドキャスティングやオーディオブックや、Mac内蔵の音声読み上げシステムなど。この音声読み上げは今まで全然使ってなかったんですけど、とても便利な事に気がつきました。私のコンピュ…

このはてなダイアリーは私による私自身のための「私まとめサイト」です

ここ数日いろいろな作品を積極的に摂取する日々を過ごしています。それでそういう作品観賞を通して私には四つのツボ要素がある事に気付きました。

武者小路実篤『友情・初恋』

集英社ナツイチ2007 http://bunko.shueisha.co.jp/natsuichi/index.html 限定バージョンの蒼井優表紙目当てで買った武者小路実篤先生の『友情・初恋』を渡米〜ハワイ〜帰宅間で読んで、結構実篤先生いける、と思った。実篤先生の実録<初恋>を描いた『…

『噺家の手ぬぐい』五明樓玉の輔著

噺家の手ぬぐい (Do楽Books)作者: 五明樓玉の輔出版社/メーカー: 日東書院本社発売日: 2007/04/30メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 1人 クリック: 11回この商品を含むブログ (10件) を見るかわら版の寄席芸人名鑑ともども繰り返し読む。買って1ヶ月弱…

本メモ

既に読んでまとまった感想書きたいなーとか思いつつ、まだ書いてないもの 『人生を救え!』 (町田 康 :いしい しんじ) 既に読んで、好きだけど、なんか別に感想っていうと大して言いたい事はないもの 『煙か土か食い物』(舞城王太郎) 何気にいちばん好きな…

意識的に映画を観る+読書

近年自分でも悲しくなるくらい映画から遠ざかっていたので、積極的に映画を見ようと決め込んで過ごした冬休み。そうと決めたら極端に動きがちな私は、結局特番も含めて16タイトル見る事が出来ました。 数日前の日記で触れた『林家三平ものがたり』、『寝ずの…

『好き好き大好き超愛してる。』

渡米直後から1週間くらいで日本で買った小説を一気読み。 好き好き大好き超愛してる。 (講談社ノベルス)作者: 舞城王太郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2006/08/08メディア: 新書購入: 2人 クリック: 62回この商品を含むブログ (92件) を見る表題作『好き…

『涼宮ハルヒの憂鬱』〜『涼宮ハルヒの消失』

一気読みその2。涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)作者: 谷川流,いとうのいぢ出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2003/06メディア: 文庫購入: 20人 クリック: 1,535回この商品を含むブログ (1502件) を見る涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)作者: …

落語ファンは愉快だな

三遊亭円朝の命日(8/11)なので、友達から貰った談志『芝浜』の録画を記念に見ようかな、と思ったけどなんやかやしてたらまた遅くなってしまって明日の出ずっぱりに備えて諦めた今日このごろ。その替わり札止めの憂き目に会わない限り、明日の黒門亭で雲助…

「笑わないで下さい」

志らくさんの『らくご小僧』『全身落語家読本』を読み、またそのタイミングで『大銀座落語祭“圓生トリビュート”』に行ってしまったら、いままで「お金は現役の落語家にまわす」と避けていた<名人もの>が聞きたくて、聞きたくて、聞きたくて、聞きたくてし…

立川志らく『全身落語家読本』『らくご小僧』

全身落語家読本 (新潮選書)作者: 立川志らく出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2000/09メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 24回この商品を含むブログ (27件) を見るらくご小僧作者: 立川志らく出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2004/06/19メディア: 単行本 ク…

声優&アニメソングミュージックガイド

声優&アニメソングミュージックガイド―音楽からアニメを楽しむぼくたちのA-POP宣言!! (アスペクトムック)出版社/メーカー: アスペクト発売日: 2006/06メディア: ムック購入: 1人 クリック: 11回この商品を含むブログ (24件) を見るライターの某Sさんのことを…

あーーーーーーー

めんどくせえなああーー!(マコっちゃん) 帰国の荷物の準備を、あ、やらなきゃやらなきゃやらなきゃやらなきゃやらなきゃで、やってなくて・・明日だよ!! あーやばいやばいやばい・・マジやばい・・ビンッビンにやばい・・ 帰国が決まってからここ2、3ヶ…

『誉田夫妻』あとがき

「でも、やっぱりみんなちょっとずつ幸せで、ちょっとずついろいろあって、うん、やっぱりみんな、ちょっとずつ、幸せだと思う。」 やべめぐみ/カブ 『誉田夫妻』 戯曲 (自主出版・限定販売)p205

『リリー・フランキーへ愛をこめて。』(2)

「リリー・フランキーへ愛をこめて。」(1)のつづきもう一件、リリーさんの名言を思い出す事件がありました。「水がないと生きていけないのは、トイレのウンコが流れないから」(たぶん著書にもこの記述あったけど、見つからないのでもっとリリーさんの名言…

『リリー・フランキーへ愛をこめて。』(1)

「朝、目が覚めると泣いていた。いつものことだ。悲しいのかどうかさえ・・・」 って(セカチューです)んなわけはなく、朝、目が覚めると半裸でした。しかも、脳の寝ぼけた私には、昨日何が起こって、一体、なぜ、私は、ほぼ日ハラマキとジャージ(下)しか…

『スティル・ライフ』

この世界がきみのために存在すると思ってはいけない。 世界はきみを入れる容器ではない。 世界ときみは、二本の木が並んで立つように、 どちらも寄りかかることなく、それぞれまっすぐに立っている。 きみは自分のそばに世界という立派な木があることを知っ…

そこ すごい くわしく

検索でたまたま来ちゃった方々以外は、トップから数えて「プロフィール」→「くわしく」と最低でも2回以上クリックしてくれた方、または[カテゴリ]・時系列で過去ログまで読んでくれた方、とみなして、書いてる人についての情報をいっぱい書きます。ちょうい…